合う合わないがある?外資系会社の特徴とは

外資系会社の転職の際には相性を見極めよう

外資系会社は、待遇の良さや研修制度の充実度などから、グローバル化の進展にともない、あこがれの転職先の一つとして位置づけられることがあります。特に、入社後に様々な国々での仕事を任せられるチャンスがあるため、海外経験が豊富な人や好奇心が旺盛な人にとって、大きなメリットがあります。
一方、外資系会社によっては、経営者の考え方がそのまま事業内容に反映されているところも少なくなく、転職後に仕事が合わないことに悩みを抱えている人も少なくありません。そこで、相性の良い外資系会社を見極めるうえで、まずは具体的な事業内容や従業員の働き方に関して、就職相談会や職場見学会などの機会を通じて確認をすることが良いでしょう。

外資系会社で英語を用いる頻度について

外資系会社は、従業員のほとんどが外国人であることも多く、職場によっては日々の業務の中で英会話が占める割合が大きくなることがあります。特に、営業や事務などの職種に関しては、様々な立場のクライアントと接する機会が多いこともあり、ビジネスレベルの英会話を習得する必要があります。
外資系企業の中には、新卒採用だけでなく、中途採用を実施することで、外部から優秀な人材を雇い入れようとするところもありますが、転職時に専門的な業務の経験のみならず、英会話の能力が重視されます。そのため、ライバルに差をつけるために、書類選考や面接を通じて、英語でのコミュニケーション能力の高さを上手くアピールすることが内定のカギとなります。