外資系の会社の採用で有利となるアピールポイント

外資系の会社の採用試験でアピールできること

外資系の会社は、成果主義が採用されているところが多く、上昇志向の強い人にとって、人気の転職先として知られています。特に、中途採用試験が活発に行われている外資系の会社では、実務経験が豊富な社会人が好まれるため、採用試験の際に過去に経験した業務の内容や取得した資格の種類について積極的にアピールをすることがおすすめです。
また、英語や中国語などの世界的に重要性が高まっている言語を習得することで、採用後のキャリアアップのために大きな役に立つことがあります。外資系の会社の採用試験の選考基準は、経営方針や事業内容などによるものの、コミュニケーション能力やビジネスマナーは評価の対象となりやすい傾向があります。

外資系企業の英語の面接をクリアするには

外資系企業では、選考試験の一環として英語での面接が行われることがあります。特に、世界各国で多種多様な事業を展開している企業においては、従業員の海外転勤の機会が多いこともあり、面接をクリアするために、業務に必要なビジネス英語を確実にマスターすることが大切です。
規模の大きな外資系企業では、職場のスタッフや取引先の担当者や外国人であることも珍しくなく、日常的に電話やメールなどで英語でのやり取りが必要となることもあります。そこで、外資系企業の選考試験に向けた対策を立てるにあたり、在職中から英語に関連する検定試験を受験したり、語学学校に通学したりすることで、スキルの向上を目指すことがとてもおすすめです。